浮気調査とは


浮気調査を依頼するとき、ほとんどの場合が「調査対象者の言動に浮気の兆候を見つけた」など、心象的にはほぼ確実に浮気していると思える状況にあることが多いそうです。依頼者と調査対象者の関係は夫婦である場合が大半ですが、結婚前に婚約者が他の人と浮気をしていないか調べたり、結婚話は出ていない場合でも恋人の浮気を疑い調査を依頼する例もあるようです。中には、嫁や婿の浮気を調べたり、義両親や実の両親の浮気調査を依頼する例もあるそうです。婚姻関係でない場合では慰謝料を請求することは難しいようですが、既に結婚に向けて具体的な準備をしている場合には損害賠償請求ができる場合があるそうです。

何を持って浮気とするかは人によって違いがあります。「異性とメール交換するだけでも浮気」と捉える人もいれば、「風俗業など商売でない異性と複数回の男女関係を持つと浮気」と捉える人もおり、離婚や慰謝料の請求といった法的措置を取らない場合は、基本的に当事者での話し合いという事になります。

ただ、法律に基づき「浮気」を理由に離婚請求や慰謝料の請求を行う場合には、「婚姻関係にある相手」が「民法752条にある夫婦の同居義務と扶助義務」に含まれる「貞操義務」に違反しているということを「証拠」を持って証明する必要があります。この証拠は"明らかに読むと浮気していると思われるメールの内容"であっても、単体では証拠として不十分とみなされてしまうそうです。証拠として認められやすいのは、目的がはっきりとしているラブホテルなどにの2人揃って出入りする連続した写真や、浮気相手の自宅への長時間の滞在を証明する写真、同じく宿泊を伴う旅行の一連を収めた写真などだそうです。ポケットや車に残った領収書などは、浮気写真の裏付けになり有効な証拠になるそうです。素人では入った所しか撮影できなかったり、撮った写真が不鮮明で本人確認ができないなど、証拠として認められない場合もあるようです。

探偵会社や興信所での浮気調査は高額な調査料がかかりますが、証拠が不十分であれば慰謝料を受け取れない恐れもあるので、法廷で通用する証拠を得るために依頼をする事が多いようです。


新着情報:   ブログ更新しました。 13.07.24

■ 優良ブックマーク おすすめサイト

大阪でタトゥー除去ならマスターメイクへ
大阪のネイルスクールはガーデンネイルスクールへ!本物のネイリストを目指すなら。
大阪のホワイトニングに強い池上デンタルクリニック。口コミでも話題です!
カードマジックの通販はフレンチドロップ
大阪で不妊治療は辻野鍼灸院へ。不妊のお悩みご相談下さい